Springin’ Classroom

セクションタイトル

気軽にプログラミングが楽しみながら学べるアプリSpringin’
個人使用だけではなく、全国の小学校など教育機関でも導入されています。

教育機関関係者で、まだアプリの魅力を知らない方へ訴求するのが本ページの役割です。

導入するメリット、導入の敷居の低さ、実際の授業例、声などをクライアントさまや、教育機関の方へのヒアリングを重ねながら、コンテンツを作成・編集しています。

導入より前段階の方のための資料請求(ホワイトペーパー)の設置や構成なども一緒に考えました。

実際の授業例を紹介し、具体的なイメージを持ってもらう。先生の声もヒアリング。
メリットによる、信頼感を訴求。

しくみデザイン

セクションタイトル

つくる力が、世界を変える力になる。

Springin’KAGURAなどのデジタルプロダクトを手掛ける、しくみデザインさんのコーポレートサイトを制作しました。

体感アトラクションやエンタメサイネージ、アーティストのライブ演出など、インタラクティブやテクノロジーを駆使した受託制作がメインだった見られ方から、アプリを使ったサービスを提供する事業会社へ変化していく中で、サイトリニューアルの相談をいただきました。

求められたことは2つ。新しいターゲットに合わせたコンテンツ設計と、しくみデザインさんが目指す未来像やビジョンを社内外に示すこと。それらを伝えるためのコピー周りを中心にした言葉の整理を佐藤さんに、見せ方や印象を強めるデザインは17design.の稲田さんにお願いしました。弊社では必要に応じて社外の専門家をアサインし、チームビルディングから着手し、企画・制作の進行管理を行っています。

代表の中村さんの「クリエイター クリエイター宣言」にもあるように、誰もがつくる人になれるためのしくみを提供する会社として相応しいサイトを目指しました。

Springin’ / スプリンギン

セクションタイトル

遊びながらプログラムが学べるアプリ「Springin’(スプリンギン)」の公式サイト。

「子どもが遊びたくなる」「保護者の方が子どもたちに体験させたくなる」それらの動機作りをアンケートなどを駆使しながら編集し訴求しています。

また、このサイトではアプリ上で作ったゲームなどの作品をプレイする事ができます。アプリに少し興味を持っている方にまずは気軽に楽しさを体験して頂き、自分でも作ってみようという流れを促すような作りとなっています。アプリとwebの連動など、技術的なものにも多くチャレンジしました。

アプリ自体がとても良く出来ていて、子どもだけでなく大人にもオススメです。定期的に開催される企業のコンテストに参加し、景品を手に入れることも出来ます。

ぜひ皆さんもダウンロードしてお楽しみください。